ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 子ども課ホームページ > 子育てについてしらべたい > トピックで調べる > トピック 夜間・休日に子どもが病気になったら

トピック 夜間・休日に子どもが病気になったら

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月16日更新

独立行政法人国立病院機構 四国こどもとおとなの医療センター

【所在地】善通寺市仙遊町2丁目1番1号
【連絡先】0877-62-1000(日中8時30分~17時15分)/0877-85-7777(夜間17時15分~8時30分、及び土日祝日)
【概要】緊急患者さんは昼夜24時間受付けています。

小児救急電話相談 

小さなお子さんをお持ちの保護者の方が、夜間の急な子どもの病気にどう対処したらよいのか、病院の診療を受けた方がいいのかなど判断に迷った時に、電話による相談ができるものです。
この事業は全国同一の短縮番号♯8000をプッシュすることにより、お住まいの都道府県の相談窓口に自動転送され、看護師、必要に応じて医師からお子さんの症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院等のアドバイスを受けられます。

日時毎日 19時00分~翌朝8時00分まで
電話番号局番なしの【#8000】
プッシュ回線、携帯電話(主要携帯電話会社3社)から利用できます。
または【087-823-1588】へ
おかけください。
注意事項あくまでも電話によるアドバイスです。相談は無料ですが通話料は自己負担です。診療・治療はできませんのであらかじめご了承ください。
※民間企業への委託により相談を実施しています。(看護師が対応を行い、必要に応じて医師がサポートする体制をとっております。)
香川県
からの
お願い
香川県では年少人口は減っていますが、小児の患者数は増加しています。特に夜間の受診は、小児科医の負担をより増やすことになり、このことが積み重なれば小児医療に影響が生じます。このため、小児救急電話相談を活用し、翌日まで待てそうな軽い症状の場合は、翌日にかかりつけ医を受診するようにしましょう。

お問い合わせ先

香川県健康福祉部医務国保課
Tel   087-832-3256
e-mail imu@pref.kagawa.lg.jp


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る