ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

単品スライド条項の運用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月4日更新

単品スライド条項の運用について

最近の特定の資材価格高騰を踏まえ、善通寺市工事請負契約約款第25条第5項(単品スライド条項)の規定を、平成20年7月16日を適用日とし、当分の間、次の通り適用します。

「単品スライド」とは

善通寺市工事請負契約約款第25条第5項に基づき、「特別な原因により工期内に主要な工事材料の日本国内における価格が大きく変動し、請負代金額が不適当となったとき」に、請負代金額の変更を請求できる措置です。
※平成9年にこの規定を盛り込んでから初の適用

対象資材と対象工事の範囲

1.対象資材

「鋼材類」、「燃料油」に分類される各材料(H形鋼、異形棒鋼、軽油など)
※鋼材類、燃料油のそれぞれの変動額が対象工事費の1%を超えた場合に、その品目が対象

2.対象工事

適用日時点で施工中及び適用日以降に契約する工事

請負代金額の変更の考え方

対象資材の価格上昇に伴う増額分のうち、請負者からの請負代金額の変更請求に基づき、対象工事費の1%を超える額を発注者が負担。
※ただし、既に部分払いの対象となった出来形部分等については、単品スライドの適用対象外

[搬入(購入)月の実勢価格―設計時点の実勢価格]×対象数量×請負比率―請負代金額の1%相当額
※実際に購入した金額が実勢価格で算定した金額よりも安価な場合は、実際に購入した金額を用いて計算する。

 適用手続き

請負者が残工事を1ヶ月以上有する時点で請負代金額の変更を請求し、協議を行う。
※請負者は、実際に購入した対象材料の価格、購入先、搬入・購入の時期を照明する書類の提出が必要

運用拡充について

 単品スライド条項の運用拡充について [PDFファイル/27KB]

書式集等

香川県の単品スライド条項運用基準に従う。
 http://www.pref.kagawa.jp/dobokukanri/koji.htm

様式‐1~8 [Wordファイル/44KB] 

添付資料 [Excelファイル/30KB]


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る