ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

金倉川現地確認

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月14日更新

【本日の様子です】

金倉川沿いの住民の代表者と河川管理者である県、消防機関、そして市が集まり、川の現地確認を実施しました。

南部公民館であつまり、県の職員や市の防災管理課により、金倉川の重要箇所に関する説明がありました。

南部公民館での集合の様子

その後、全員で高藪橋から、木備津橋、与北橋量水標、五条橋量水標、六条橋を確認しました。

河川での確認状況の写真

河川での確認状況の写真その2

この作業は「関東・東北豪雨を受けた香川県版緊急行動」に基づいて実施されたものです。

1000年に一度の水害が起こる可能性も十分に考える第一歩目として、現地を確認し、建設的な意見交換をおこないました。鬼怒川でおこったことを他人事とは考えずに、日頃から出来ることをしっかりとやっていきたいですね。


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る