ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

応急危険度判定講習会

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月25日更新

応急危険度判定士の講習会が開催されました

本日、善通寺市で応急危険度判定士の講習会が開催されました。
近年では、熊本地震に当市の応急危険度判定士が派遣されるなど、災害時に欠かせない存在となりました。
熊本では1200人ほどの判定士が登録されているそうですが、震災の際には200人ほどしか活動できなかったそうです。
こうしたことを想定して、全国的に応急危険度判定士育成の重要性が増してきています。

講習会写真1

除却予定の家屋を利用して、判定研修を行いました。

空き家写真

2~3人で1チームを構成して、一面あたり4~5分を目標に判定していきます。

講習会写真2

調査時に住民から話しかけられることも想定されています。

判定写真2

講習会写真3

判定写真3

県内の建築士の方達が参加して判定の眼を養っていました。

判定写真4

皆さんお疲れ様でした。


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る