ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

善通寺市合同HUG訓練を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月5日更新

善通寺市合同HUG(ハグ)訓練

本日午後1時から合同HUG訓練を実施しました。

避難所HUGは、大地震発生時の避難所運営を皆で考えるためのひとつのアプローチとして平成19年に開発したもので、避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。

こうしたゲームを通して、実際に避難所を開設したときどのようなことが起きるのかを皆さんに経験してもらうために、本日善通寺市各地区自主防災会、善通寺市社会福祉協議会、香川県防災士中讃支部、善通寺市から約60名の方々に集まっていただきました。

西部地区自主防災会写真

東部地区自主防災会写真

発言者写真

発言者写真2

発言者写真3

中央地区写真

筆岡地区写真

東部地区自主防災会写真

どんどんやってくる避難者を割り振っていきます。

吉原地区自主防災会写真

竜川地区自主防災会写真

会長写真

ハードでしたが、充実した訓練でした。また、各地区でやりたいという声が聞こえてきました。

HUG訓練カード写真

みなさんお疲れさまでした。


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る