ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

仙遊遺跡発輝調査報告書

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月23日更新

仙遊遺跡発掘調査報告書一旧練兵場遺跡 仙遊I地区-

仙遊遺跡発掘調査報告書 [PDFファイル/23.25MB]

(前文より)
仙遊の里から、仙遊ということばにふさわしい夢が、うつつの世に花開いたのです。タイムトンネルをくぐって来たように、弥生の人の、ふくよかな笑顔が、今の世に、ほほえみかけたのです。
驚愕と喜悦-その錯綜する感動のうずまきの中で、しごとに携わったもの、しごとを支えたもの、そして、しごとを見守っていた多くの人たちは、ただただ歴史の神秘に声をのみました。
古代への限りない追慕と、脈々と流れる民族のいぶきに心はずませながら、発掘へのいきさつ、発掘の仕様、そして、目覚めた弥生の顔などについてまとめることにしました。
こんどの発掘に当って、ほんとうにご親切にご協力下さった大木真彦さんに、関係者一同心からお礼を申し上げる次第です。
また、ご指導下さった先生方、ご支援下さった多くの方々にも、この誌上をかりて、感謝の微衷を棒げるものです。
この小論が、現代と古代をっなぐ夢多き文化探索に多少でも役立っことができれば、望外のよろこびです。

(発掘概要)
1.本書は、香川県善通寺市仙遊町一丁目680番地67に所在する、旧練兵場遺跡仙遊I地区(仙遊遺跡)の発掘調査報告書である。
2.本調査は、善通寺市教育委員会が主体となり、昭和60年7月15日から同月25日まで行った。
3.調査の実施及び本書の作成は、善通寺市教育委員会文化振興室・笹川龍一が担当した。


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る