ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 高齢者課 > (よくある質問)介護予防・相談について

(よくある質問)介護予防・相談について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月28日更新

(よくある質問)介護予防・相談について

Q.1

一人暮らしをしていますが、今後の生活に不安があります。どこに相談すればいいですか。

A.1

高齢者が住みなれた地域で安心して暮らし続けられるように、医療・健康・福祉などについて総合的に支援する相談窓口として、地域包括支援センターがあります。保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャー等の専門職がご相談をお受けしています。ご相談はお電話でもお受けしていますのでご連絡ください。

Q.2

家族が認知症で困っているのですが、何か利用できるサービスはありますか。

A.2

市では認知症ケアパス [PDFファイル/421KB](2) [PDFファイル/88KB]を作成し、認知症の程度や、困りごとの内容に応じたサービス提供の流れなどを示していますので、参考にしてください。サービスの内容や、利用方法などの詳しいことは、地域包括支援センターへご相談ください。

Q.3

高齢者の自宅に食事を届けてもらえるサービスはありますか。

A.3

食材や弁当の宅配サービスを行っている、近隣の民間事業者の一覧表 [PDFファイル/241KB]を作成し、高齢者課や地域包括支援センター窓口で配布しています。

Q.4

施設入所を考えているのですが、どのような施設がありますか。

A.4

施設には様々な種類があり、入所要件もそれぞれ異なります。高齢者向けの住まいとして、ケアハウス(軽費老人ホーム)、サービス付高齢者向け住宅、有料老人ホームがあります。特別養護老人ホームや介護老人保健施設などのように、介護保険認定が必要な場合もありますので、まずは地域包括支援センターへご相談ください。市内老人福祉施設等一覧 [Excelファイル/17KB]

Q.5

成年後見制度について詳しく知りたいのですが。

A.5

判断能力が不十分な方が自立した生活を送れるよう、財産管理や身上監護を通じて支援する制度です。家庭裁判所の審判により後見人を選任する法定後見と、将来、自分の判断能力が不十分になった場合に備えて後見人を選んでおく任意後見があります。詳細については、地域包括支援センターまでご相談下さい。

Q.6

高齢者虐待について相談する場所はありますか。

A.6

高齢者の虐待は、高齢者の人権を著しく侵害し、心身の健康または生命に深刻な影響を及ぼす行為です。高齢者虐待にお気づきの場合は、お早めに高齢者課や地域包括支援センターにご相談ください。通報した人の個人情報は秘密にされますのでご安心ください。

Q.7

 家族を介護している方向けの教室があると聞いたのですが。

A.7

包括支援センターでは、家族を介護している方や介護に興味のある方などを対象に、家族介護教室を開催しています。ちょっとした工夫やコツで思いがけず介護がラクになります。市民の方ならどなたでも参加できます。H29年度スケジュール [PDFファイル/118KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る