ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 社会福祉課 > 第2次善通寺市地域福祉計画・地域福祉活動計画

第2次善通寺市地域福祉計画・地域福祉活動計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年5月27日更新

計画策定の趣旨

 地域福祉とは、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、地域住民福祉活動を行う者(民生委員・児童委員、ボランティア、福祉委員等)、地域の諸団体、民間企業、社会福祉を目的とする事業を経営する者、行政、社会福祉協議会などが主体的に関わり合い、協力することによって、地域社会の生活、福祉課題の解決に取り組む考え方です。
 社会福祉法では、地域住民、社会福祉関係者などが相互に協力して地域福祉の推進に努めるよう定めています。また、福祉サービスを必要とする人たちも地域社会を構成する一員として日常生活を営み、そして社会、経済、文化などあらゆる分野の活動に参加できるよう、地域福祉を推進していくことの重要性が明記されています。
 地域福祉計画は、社会福祉法第107条に基づく「市町村地域福祉計画」であり地域福祉を総合的かつ計画的に推進することを目的に市町村が策定する行政計画です。
 一方、地域福祉活動計画は、社会福祉法第109条に基づき地域福祉を推進するために住民や各種団体の自主的、自発的な福祉活動の活性化を図る実践的な計画として、社会福祉協議会が住民や地域の社会福祉関係者などに呼びかけ、相互協力して策定する民間の活動、行動計画です。
 この両計画に基づき、地域住民自らが行政、民間企業、関係団体等と互いに協働しながら地域に存在する課題を解決するための様々な活動に、積極的に参加していくことを目指すものです。

計画期間

 計画期間については、平成27年度から平成31年度までの5年間とします。
 社会状況の変化や関連計画との調整、国や県などの動向などを踏まえ 必要に応じて見直しを行います。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る