ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 社会福祉課 > 自立支援医療(精神通院医療)について

自立支援医療(精神通院医療)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月18日更新

自立支援医療(精神通院医療)とは

 精神通院医療は,精神保健および精神障害者福祉に関する法律第5条に規定する統合失調症,精神作用物質による急性中毒,その他の精神疾患(てんかんを含む。)を有する者で,通院による精神医療を継続的に要する病状にある者に対し,その通院医療に係る自立支援医療費の支給を行うものです。

対象者

 精神疾患の通院治療を受けているかた(対象疾病については,主治医にご相談ください。)

内容

 世帯の課税状況により,医療費を原則一割負担にできる場合があります。
 なお,所得状況により,自己負担限度額が設定されている場合もあります。

申請に必要なもの

自立支援医療(精神通院医療)のみを申請する場合

 (1) 申請書(社会福祉課窓口にてご用意します。)

 (2) 医療被保険者証(写)

 (3) 印鑑(認印可)

 (4) 自立支援医療(精神通院医療)診断書

精神障害者保健福祉手帳と同時申請する場合

 (1) 申請書(社会福祉課窓口にてご用意します)

 (2) 医療被保険者証(写)

 (3) 写真(上半身を撮影した縦4cm×横3cm)

 (4) 印鑑(認印可)

 (5) 診断書

有効期間

 1年(手帳と同時申請の場合,手帳は2年間有効)

受付場所

 社会福祉課

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る