ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 社会福祉課 > 身体障害者手帳の認定基準変更のお知らせについて

身体障害者手帳の認定基準変更のお知らせについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月1日更新

身体障害者手帳の認定基準変更のお知らせ

認定基準変更の背景

 医療技術の進歩により、ペースメーカー等や人工関節等を入れても大きな支障がなく日常生活を送ることができるかたが多くなったことを踏まえ、
医学的見地から検討の結果、平成26年4月から身体障害者手帳の認定基準が変更になります。

認定基準変更の概要

 <心臓ペースメーカー等を入れたかた>
  ・ 心臓ペースメーカーを入れた場合でも,身体障害者手帳1級に該当しない場合がございます。
   (詳細は下記のPDFファイルを参照ください。)  

 <人工関節等を入れたかた>
  ・ 股関節・膝関節を入れた場合でも,身体障害者手帳4級に該当しない場合がございます。
  ・ 足関節を入れた場合でも,身体障害者手帳5級に該当しない場合がございます。
   (詳細は下記のPDFファイルを参照ください。)

認定基準変更の適用日

 平成26年4月1日以降の申請から新たな認定基準の対象となります。
 ただし,平成26年3月末までに診断書・意見書が作成されたかたについては,同年6月末までに申請すれば従来の基準で認定されます。
(詳細は下記のPDFファイルを参照ください。)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る