ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 保健課 > ジェネリック医薬品(後発医薬品)について

ジェネリック医薬品(後発医薬品)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月2日更新

ジェネリック医薬品(後発医薬品)について

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、特許期間の過ぎた先発医薬品と同じ有効成分、同じ効能・効果をもつ医薬品のことです。

                                                                                                    ジェネリックイラスト                                                                  

 家計への負担を軽くします

・先発医薬品より安価で、経済的です。

・先発医薬品からジェネリック医薬品に変更することにより医薬品の自己負担額が軽減されるとともに、医療費の削減にもつながります。

 ジェネリック医薬品を利用するには

・ジェネリック医薬品のご利用を希望する場合は、医師・薬剤師にご相談ください。

・ジェネリック医薬品を希望することを医師・薬剤師に簡単に伝えられるように、ジェネリック医薬品希望カードを保健課窓口にて配布していますので、ご活用ください。

・処方せんの「ジェネリック医薬品への変更が不可」の欄に医師の記名が無ければジェネリック医薬品に変更することができます。

※善通寺市国保に加入されている方には、「ジェネリック医薬品希望カード」をお送りしています。

 ジェネリック医薬品を希望する際の注意点

・ジェネリック医薬品に変更した場合でも、薬代の差額が少ない場合や薬代のほかに技術料や管理料が加わることによって、窓口での自己負担額があまり変わらない場合があります。

・新薬とジェネリック医薬品とは主成分が同一ですが、使用できる病気(効能)が異なるなどの理由で変更ができない場合があります。また、すべての医薬品にジェネリック医薬品があるわけではありません。

 ジェネリック医薬品に関するお知らせを送付します

 善通寺市国保では、現在処方されている薬をジェネリック医薬品に変更した場合に一薬剤100円以上の自己負担額の軽

減が見込まれる20歳以上の方を対象に、「ジェネリック医薬品使用促進のお知らせ(差額通知)」を送付しています。差額

通知が届いた方は内容をご確認いただき、ジェネリック医薬品の利用をご検討ください。

                                                      ジェネリックイラスト

 関連情報

 厚生労働省 ジェネリック医薬品Q&A

 厚生労働省 ジェネリック医薬品に関するホームページ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る