ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 保健課 > 限度額適用認定証の申請について

限度額適用認定証の申請について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新

 限度額適用認定証                              

 70歳未満の国民健康保険加入者は、限度額適用認定証の交付を受け、医療機関に提示すると、医療費の窓口負担が自己負担限度額までの支払いで済むことになります。

  70歳~74歳の現役並み所得者3と一般の方は、保険証と高齢受給者証を医療機関に提示するだけで自己負担限度額までの支払いとなるため、限度額適用認定証の申請は必要ありませんが、低所得者1・2と現役並み所得者1・2の方については、限度額適用認定証の交付を受け、医療機関に提示すると、医療費の窓口負担が自己負担限度額までの支払いで済むことになります。

 ただし、国民健康保険税に滞納があると「限度額適用認定証」を交付できない場合があります。

 高額療養費制度の一部改正により、平成30年8月から70歳以上75歳未満の方の自己負担限度額が以下のとおり変更になります。

 

70歳未満の方の自己負担限度額(月額)                  

区分

所得区分

限度額

所得901万円超

252,600円+(医療費の総額-842,000円)×1%

〈年4回目以降:140,100円〉

所得600万円超901万円以下

167,400円+(医療費の総額-558,000円)×1%

〈年4回目以降:93,000円〉

所得210万円超600万円以下

80,100円+(医療費の総額-267,000円)×1%

〈年4回目以降:44,400円〉

所得210万円以下

57,600円

〈年4回目以降:44,400円〉

住民税非課税世帯

35,400円

〈年4回目以降:24,600円〉                             

※所得・・・総所得金額等から基礎控除額(33万円)を差し引いた額

住民税非課税世帯

同一世帯の世帯主及び国保被保険者が住民税非課税の世帯の方。

 

70歳以上75歳未満の方の自己負担限度額(月額) 

所得区分

外来

(個人単位)

外来+入院

(世帯単位)

現役並み所得者3                                   (課税所得690万円以上)252,600円+(医療費総額-842,000円)×1%  (年4回目以降140,100円)
現役並み所得者2                                     (課税所得380万円以上690万円未満)

167,400円+(医療費総額-558,000円)×1%   (年4回目以降93,000円)

現役並み所得者1                                                       (課税所得145万円以上380万円未満)

80,100円+(医療費総額-267,000円)×1%  (年4回目以降44,400円)

一  般

 18,000円

(年間上限額144,000円)*

57,600円

(年4回目以降44,400円)

低所得者2

8,000円 

24,600円

低所得者1

8,000円

15,000円

 *年間上限額は、8月から翌年7月までの累計額に対して適用されます。

現役並み所得者

 同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる方。

一般

 現役並み所得者、低所得者1・2に該当しない方。

低所得者2

 同一世帯の世帯主と国保被保険者が住民税非課税の方。(低所得1以外の方)

低所得者1

 同一世帯の世帯主と国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費または控除(年金の所得は控除額を80万円をして計算)を差し引いたときに0円となる方。

 

申請に必要なもの                              

(1) 保険証

(2) 高齢受給者証(70歳~74歳の方)

(3) 認印

 

申請先       

 善通寺市 保健課(善通寺市役所1階6番窓口) 



  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る