ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 保健課 > 特定健康診査を受けましょう

特定健康診査を受けましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月1日更新

平成29年度特定健康診査のお知らせ

特定健康診査を受けましょう 今年も、善通寺市国民健康保険に加入されている40歳以上の方を対象に、特定健康診査受診券を送付しています。

 この受診券を使って、糖尿病・高血圧症・脂質異常症など、生活習慣の危険因子を見つけるための健康診断が受けられます。

 健康を守り、生活習慣病を予防・改善するために1年に1回は特定健康診査を受けて、健康づくりに取り組みましょう。

 

特定健康診査について

実施医療機関(五十音順)実施期間自己負担金内容

アイシークリニック

愛慈胃腸科内科医院

安藤医院

石原消化器内科クリニック

岩野循環器内科医院

岩本内科医院

大杉脳神経外科医院

行天クリニック

善通寺診療所

善通寺前田病院

田所医院

中島医院

にしかわクリニック

西山生々堂医院

藤沢医院

ふじた医院

三宅整形・リハビリクリニック

森医院

山下内科医院

吉田医院

6月~10月

800円

服薬歴及び喫煙習慣の調査

問診

尿検査(糖・蛋白)

身長・体重・BMI・腹囲測定

血圧測定

肝機能検査(Got(Ast)・Gpt(ALT)・γ-Gtp)

血中脂質検査(中性脂肪・Hdlコレステロール・Ldlコレステロール)

血糖検査(ヘモグロビンA1c)

貧血検査(ヘマトクリット値・血色素量・赤血球数)

心電図検査

前年度の検査結果及び医師の判断による眼底検査

健診受診時の注意

受診時の持ち物

  • 特定健康診査受診券
  • 特定健康診査質問票(※表面は事前に記入してください。)
  • 国民健康保険の保険証

健診前の飲食について

検査結果への影響を軽減するため、健診当日の朝食は軽めにするか、できれば健診まで水以外の飲食物は控えることをおすすめします。

健診前日のアルコールの摂取や、激しい運動は控えましょう。

自己負担額の免除申請について・・・・

市民税非課税世帯に属する方は、申請により、自己負担金が無料になります。

申請は、6月12日(月曜日)以降の健診を受ける前に、印鑑と本人確認ができるものをお持ちの上、市保健課で行ってください。

自己負担金免除証明書の交付を受けた後、健診当日に医療機関にご提出ください。

健診当日、証明書の提出がなければ自己負担額を徴収し、健診後の自己負担額の返却は一切致しません。

 

受診券を紛失したときは・・・・

再発行することができます。

詳しくは、保健課(0877-63-6308)へご連絡ください。

 

人間ドックに変更する場合・・・・

受診券の交換が必要です。

詳しくは、保健課(0877-63-6308)へご連絡ください。

 

75歳になる場合・・・・

75歳になられる方は、特定健康診査受診券の有効期限が、誕生日の前日までとなっています。

75歳になってから健診を受ける場合は、次のことにご注意ください。

  • 後期高齢者医療制度の受診券は、誕生日の属する月の翌月末頃に郵送します。
  • 健診は、新しい受診券が届いてから健診を受けるか、または新しい受診券が届く前であることを、実施医療機関に伝えた上で、有効期限切れの特定健康診査受診券で健診を受けてください。

 

よくある質問

Q  健康には自信があるし、症状も特にありません。

   そんな私でも特定健診を受けないといけませんか?

A  健康だと思っていても、健診によって、血糖値が高い・悪玉コレステロールが高いなど生活習慣病の危険因子が見つかることが多くあります。

    ある日気づいたら重症化している・・・・そんなことのないように、この機会を利用して健康状態を確認してみましょう。

Q   治療中の私は受けなくていいですよね。

A  治療中の方も特定健診の対象となります。

   かかりつけ医に相談し、ぜひ受診してください。


☆善通寺市の特定健診は受けただけでは終わりません!キラりん君

健診結果の説明を受けて、医師の指示に従いましょう。

当日結果が出ないものもあります。

指示された日に必ず結果説明を受けてください。

地区の健康相談を活用しよう。

各地区公民館にて健康相談を実施しています。

素朴な疑問など何でも構いませんので、お気軽にご利用ください。

詳細につきましては広報でご確認ください。

「特定保健指導」を活用しよう。

特定健康診査の結果、生活習慣病の発症のリスクが高く、生活習慣の改善による予防効果が期待できる人などを対象に、生活習慣を改善するための支援を行います。

是非一緒に生活習慣を改善して生活習慣病を予防しましょう。



  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る