ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

四角スイカ 

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月24日更新

四角スイカ

 四角スイカは、市内の筆岡地区を中心に栽培されている一辺が約19cmの立方体のスイカで、本市だけの特産品です。その特異な形状により、百貨店や大手青果店から装飾品・ディスプレイ用(食用ではありません。)として多くの需要があります。このスイカは、約30年前にJA香川県善通寺西瓜部会を中心に研究開発されました。栽培管理が難しく、出荷できるのは約6~7割程度です。毎年売れ行きが好調で今では本市の貴重な特産品となっています。

平成27年度情報はこちら  

平成26年度情報はこちら                       

 四角スイカ写真

主要な生産地区

筆岡地区、吉田(東部・中央)

地区出荷数量

約800個(平成20年度出荷予定数量)



  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る