ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 商工観光課 > 善通寺市観光交流センター&供待の湯(足湯)

善通寺市観光交流センター&供待の湯(足湯)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月28日更新

 観光交流センター全景

観光交流センター北側面観光交流センター2階

観光交流センターって?

 善通寺市に観光に来て下さった方やお遍路さんのお接待所として、また地元の皆さんにも喜んでもらえる交流施設として開設されました。
 四国遍路や観光に関する情報をパンフレットや大型テレビで紹介しています。また、大広間や和室を貸し出しており、各種イベントの会場として利用できます。
 どうぞお気軽にお立ち寄り&ご利用ください。

昭和初期の趣を残す建築

観光交流センターは昭和初期に建築された「旧すし傳」の建物を保存利活用しています。善通寺市が最も輝いていた昭和という時代の香りいっぱいの料亭建築「旧すし傳」は、善通寺市文化財として指定されています。
 各室の床や欄間、縁側各所の手摺などは意匠が凝らされており、二階の「四季の間」からは総本山善通寺の五重塔を間近に望むことができます。
部屋から望む五重塔

「供待(ともまち)の湯」(足湯)

 市観光交流センターを、観光客や市民の皆さまが気軽に立ち寄って触れ合える場所にするため、「供待(ともまち)の湯」(足湯)を整備しました。足湯だけの利用も大歓迎ですので、湯っくり、湯ったりおくつろぎください。

足湯画像

「供待」とは

料亭に来た客の供人のための控え場所兼休憩所が「供待」です。建物全体が市指定文化財となっているので、建物に影響を与えないように整備しました。

観光でお立ち寄りの際には

  • 市内の各種パンフレットを取り揃えております。おすすめの観光スポットをご紹介いたします。
  • ちょっと一息休憩、トイレ休憩にもお使いください。
  • 交流センターそのものもご見学いただけます。料亭建築の雰囲気の中でおくつろぎください。
  • 善通寺市の特産品であるキウイやダイシモチ麦を使った商品をはじめ善通寺みやげを紹介しております。

観光交流センターからお便りを出しませんか?

 市内の絵手紙同好会のご協力により絵手紙体験コーナーを設置しました。オリジナルの葉書を用意していますのでご利用ください。
 観光交流センターの前には昔懐かしい丸型ポストが置かれています。観光の記念に、ここから故郷や親しい友達に向けてお便りを出しませんか?

赤いポスト絵葉書

 

利用案内

 開館時間

  • 午前9時から午後7時(時間延長は要相談)

休館日

  • 毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)
  • 年末年始(12月29日から1月3日)

 見学

  • 無料です

 利用料(入場料の徴収の有無によって変わります)

6帖和室(1階桐の間、1階葵の間、2階四季の間)、エントランスホール1,2

  • 入場料を徴収しない場合 1時間当たり 310円
  • 入場料を徴収する場合(物品販売も含む) 1時間当たり 460円
 桐の間 葵の間
桐の間葵の間
 四季の間 エントランスホール1,2
四季の間エントランスホール1,2

 2階大広間(36帖和室)

  • 入場料を徴収しない場合 1時間当たり 410円
  • 入場料を徴収する場合(物品販売も含む) 1時間当たり 620円
大広間全景1大広間全景2

 利用可能備品類

  • 座卓、座布団、高座椅子
  • ワイヤレスマイク、ホワイトボード
  • その他借用についてはお問い合わせください。使用に当たっては、事前の申請が必要です。会館内は禁煙となっています。

施設概要

 木造2階建(総床面積 419.75平方メートル)
 1階床面積 197.93平方メートル 2階床面積 221.82平方メートル
 1階 桐の間、葵の間(6帖和室) エントランスホール1,2
 2階 大広間(36帖和室) 四季の間(6帖和室)
 駐車台数6台 駐輪台数10台
 ★お問い合わせ★
 善通寺市観光交流センター
 〒765-0003
 住所:香川県善通寺市善通寺町二丁目8番23号
 Tel:0877-64-1250
 Fax:0877-64-1251

ご利用の方は下記の申請書をご提出ください

使用申請書 [Wordファイル/21KB]

※提出前に、部屋の空き状態を電話(0877-64-1250)でご確認ください。

提出方法

メール、郵送またはFaxでお願いします。

メール:shoukan@city.zentsuji.kagawa.jp

郵送:〒765-0003 香川県善通寺市善通寺町二丁目8番23号 善通寺市観光交流センター

Fax:0877-64-1251



  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る