ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水道事業ガイドライン

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月22日更新

水道事業ガイドライン

1.水道事業ガイドラインとは?

 水道事業ガイドラインとは、水道事業における施設の整備状況や経営状況などを総合的に評価するもので、平成17年1月に社団法人日本水道協会によって規格化されたものです。
水道サービスを将来にわたって維持していく上で必要な137項目の業務指標が示されており、それぞれの指標は、「安心・安定・持続・環境・管理・国際」の6つの目標に分類されています。

2.算出した業務指標の概要(平成27年度)

安心・・・すべての人が安心しておいしく飲める水道水を提供するための指標(22項目)

〔1002〕水源余裕率は、22.3%であり、確保している水源にあまり余裕はありません。これまで新規の水源開発について検討してきましたが、新規の水源開発には長い時間と多額の費用がかかることなどから、現在のところ新規の水源開発は行わない方向となっています。平成27年度においては、県内で準備を進めている水道事業の広域化について、本市も香川県広域水道事業体設立準備協議会への参画を決定しました。今後は県内の水道事業者と連携協力した事業運営を行っていくことで、将来にわたって安全で安心な渇水のないまちづくりを目指します。
〔1004〕全水源に占める自己保有水源の割合である自己保有水源率は、地下水源の開発により平成18年度では33.3%であった値が64.1%に上昇しています。
〔1105〕カビ臭から見たおいしい水達成率は92.5%で、この値が100%に近いほどカビ臭が少ないものです。

安定・・・・・・いつでもどこでも安定的に生活用水を確保するための指標(33項目)

〔2006〕普及率は、給水区域内で水道を使っている人の割合を示しています。日本では 97.8%に達しており、本市は99.7%です。
〔2102〕経年化設備率は53.1%で、法定耐用年数を超えた浄水施設の割合を示しています。この値が大きいほど古い施設が多いことになりますが、使用の可否を示すものではありません。本市の浄水場は昭和54年に建設したものですが、更新工事を重ね施設の改良を進めています。

持続・・・いつまでも安心できる水を安定して提供するための指標(49項目)

〔3001〕営業収支比率は営業収益の営業費用に対する割合で、収益的収支が黒字であれば100%を上回ります。本市は101.5%となっています。
〔3007〕職員一人当たり給水収益は、損益勘定職員一人当たりの生産性について、給水収益を基準として把握するための指標です。本市は7,382万1千円となっております。
〔3011〕給水収益に対する企業債償還金の割合は、0.9%です。類似団体平均は23.4%のため、本市は非常に低い値となっています。これは平成27年度末の企業債残高が3億3,291万円と他の団体と比較して少ないためです。
環境・・・環境保全への取組状況をあらわす指標(7項目)
〔4001〕配水量1m³当たりどれだけ電力を消費したかを示しています。
〔4004〕浄水場で発生する土を廃棄処分せず、培養土などに利用している量の全発生土量に対する割合で、本市は100%です。
〔4101〕地下水揚水量の水資源利用水量に対する割合を示しています。
地下水揚水量の水資源利用水量に対する割合を示しています。本市は地下水の割合が非常に高く63.1%となっています。
管理・・・適正な業務運営や維持管理が行われているかをあらわす指標(24項目)
〔5006〕料金未納率は4.5%と高いのですが、現年度だけで計算すると未納率は1.7%です。料金未納者へは、督促や催告をしておりますが、それでもご入金いただけない場合などは、給水停止をするなどの対策を実施しており、未納率は低下しています。
〔5007〕給水停止割合は5.5%で、公平性を保つために、債権管理課と連携して料金未納者に対しては厳しく対応しています。
〔5107〕漏水率は16.5%で、老朽管については強度が高く破損しにくいダグタイル鋳鉄管への取り替えを積極的に進めていますが、年々漏水率は高くなってきています。また、毎年漏水調査を実施して、漏水管については早急に修繕を行い漏水の減少に努めています。

国際・・・国際交流や国際貢献への取組状況をあらわす指標(2項目)

    本市では、現在のところ国際交流や国際貢献への取り組みはありません。

       善通寺市水道事業ガイドライン指標算出結果(平成27年度) [PDFファイル/401KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る