ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

下水道のしくみ

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月4日更新

下水道のしくみ ~流域関連公共下水道 中讃流域下水道~

流域関連公共下水道・中讃流域下水道

流域関連公共下水道とは、川や湖、海などの水質保全を効率的におこなうために二つ以上の自治体で集めた下水を下水処理場で処理する下水道施設のことであり、都道府県がつくります。善通寺市は、中讃流域下水道に含まれており、その計画は下図のようになっています。汚水は、流域下水道幹線を通り、金倉川浄化センターできれいな水に浄化され、海に放流されます。

中讃流域下水道計画概要図

金倉川浄化センター

家庭や工場から出された汚水は、下水管をとおって金倉川浄化センターに流れて行きます。流れついた汚水は、まず沈砂池に入り、大きなゴミや土砂が取り除かれます。その後、微生物による有機物の分解や、沈殿池のなかを通ることできれいな水と汚泥に分かれます。最終沈殿池できれいになった水は次亜塩素酸ソーダを加えて殺菌した後、海に放流されています。また、汚泥は水分をしぼりとった後、肥料としても再利用されています。

 金倉川浄化センター

善通寺市の下水道計画区域

公共下水道計画平面図() [PDFファイル/8.04MB]

あ


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る