ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 南部小学校 > 平成25年度学校経営の構想 

平成25年度学校経営の構想 

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月7日更新

 平成25年度学校経営の構想 

学校教育目標                                                  

自ら考え  心豊かに  たくましく生きる  子どもの育成                             

- 夢いっぱい 優しさいっぱい やる気いっぱい  - 

めざす子ども像

◎ 自ら学習する子

◎ 相手の気持ちを考える子

◎ たくましくねばり強い子

めざす学校像

◎ 笑顔あふれる学校

◎ 規律と秩序のある学校

◎ 地域に開かれた学校

めざす教師像

◎ 学び続ける教師

◎ 子どもに寄り添う教師

◎ 信頼される教師 

重点目標と具体的方策

確かな学力の向上(人から学び、人に伝える)

〇分かる授業の実践(教材・教具・学習問題の工夫・発問助言の工夫・ノート指導・相互交流)

〇伝え合い、学び合う活動の充実でやる気のある授業の実践(課題解決型学習・学習規律の確立・話型指導の徹底)

〇指導方法の工夫改善(自己・客観的評価等の基準の設定と実践・相互評価の導入)

〇個に応じた学習の実践(少人数指導・TT指導・支援員)

〇各学年2人体制による学習指導や補充学習の推進

〇結果を指導に生かす工夫(月末テストの実施と分析・配布・学習状況調査やCDテストの活用)

〇キャリア教育を核とした金銭教育の推進

〇家庭学習の習慣化と充実(家庭学習の手引きの配布と確認・保護者への協力依頼)

〇朝の読書タイムの充実とドリルの時間の確保による基礎学力の定着

〇外国語活動の推進・充実

豊かな心の醸成(他を思い自己を律する)

〇「道徳の日」の設定と特設授業の推進 (重点項目の繰り返し指導)

〇他教科・領域との関連を図った指導(関連指導)

〇体験活動の充実(ふれあい・ボランティア・勤労活動)

〇感動体験の拡充(一流プロによる芸術鑑賞・講話)

〇自主性・自立性のある児童活動(異学年交流)

〇自尊感情の育成(称賛、承認)

〇あいさつ運動の推進(あいさつ、返事、言葉遣い)

〇SCやSSW等の活用(ソーシャルスキルの充実)

たくましい体の育成(健やかに生活する)

○南部小のきまりの徹底 (生活・服装・持ち物のきまり)

○生活リズムの確立(早寝早起き朝ごはんの推奨)

○「欠席0の日」40日達成

○健康管理能力の育成

○安全教育の推進

○体力つくりの推進(なわとび、マラソン、握力向上)

地域に信頼される学校(学校関係者評価の充実)

(1)     家庭・地域との連携と融合(連絡・連携の徹底)

 ・積極的な情報提供(学校だより、学級通信、保健だより、携帯メール等)

 ・外部人材の活用(人材バンクや地域人材の活用)

 ・評価基準や評価項目の改善と評価結果や改善策の公開

(2)     特別支援教育充実のための関係機関との連携

 

 

 



  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る