ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学校経営目標

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月10日更新

【学校教育目標】夢と希望をもち、自己の可能性に挑戦する子どもを育てる

≪経営コンセプト≫

ルールやマナーを守る“よい習慣づくり”と学び合い、支え合う“よい仲間づくり”の推進

よいことを進んでする子ども

1 自己指導能力の育成

(1)グッドマナーシステム

(2)「ありがとう」と『与喜ことば』の響き合う学校

2 認め合える仲間づくりの推進

(1)自尊感情の育成

(2)コミュニケーション力の育成

疑問をもって学習する子ども

1 確かな学力の育成

(1)基礎学力の定着

・ドリルシステム

・検定システム

(2)「学び合い」学習の充実

・思考力を育てるつなぎ言葉

(3)授業のユニバーサルデザイン化

・学習の見通し、視覚的資料

2 学習習慣づくり

(1)学習規律の確立(話す、聞く)

(2)家庭音読の日常化

たくましい体づくりをする子ども

1 運動習慣の育成

(1)スポーツタイムの充実

・なわとび検定、全員リレー

(2)特別クラブの充実

2 健康自己管理能力の育成

(1)生活リズムの定着

・「欠席0」「遅刻0」の更新

・歩いて登下校

3 危機回避能力の育成

・交通、防犯、防災

家庭・地域から信頼される学校づくり

【指導方針】

(1)教師全員で、子ども全員を育てる。

(2)「ほめて」伸ばし、「叱って」心のブレーキを育てる。

(3)「やりきる」ことを大切にした指導に徹する。

(4)家庭・地域との連携を大切にした指導に努める。

<家庭:健やかな心身を育てる基盤>

□基本的生活習慣の定着

・早寝、早起き、朝ごはん

・歩いて登校(歩こうでぃ)

□家庭学習の習慣化

・振り返りドリル、家庭音読

<地域子どもを見守り育てるネットワーク>

□地域人材、地域教材の活用

□見守り活動

 ・地域安全推進員、交通指導員

□隣保館、運動団体との連携

□保育園、幼稚園、中学校との連携



  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る