ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 総務課 > 国有地の取得に関する架空話(うまい話)にご注意!!

国有地の取得に関する架空話(うまい話)にご注意!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月22日更新

国有地の取得に関する架空話 (うまい話)にご注意 ! !

最近、国有地の取得に関する架空話が多数発生しています。

 国有地は、原則として一般競争入札で売却します。財務省の職員が、個別に国有地について、随意契約できるような働きかけを行い、個人や特定の民間企業に対し、直接随意契約で売り払うことは、一切ありません。

≪ケースA≫国との信頼関係を装い、国有地の購入ができるような話を持ちかける。

「○○市の国有地が近く入札にかけられる。財務省の△△と懇意にしている私が関与・仲介すれば、あなたの土地として必ず取得できるので、手付金をお預かりしたい。」

 ≪ケースB≫いったん入札にかけた物件を、随意契約できるかのような話を持ちかける。

「国有地を1日だけ入札公告し、直ちに国が取り下げ、落札しなかった物件として随意契約できる協定を財務省と結んでいる。事前に手付金や手数料を払ってほしい。」

お問い合わせ先

ここにあげたものは、あくまでその一例であり、手口は年々巧妙化しています。

国有地の売却情報については、下記の財務省財務局ホームページをご確認ください。また、少しでも不審な点があれば、財務局・財務事務所(出張所)へ、すぐにご連絡・ご相談ください。

財務省四国財務局 087-831-2131

参考資料

国有地の取得に関する架空話 (うまい話)にご注意 ! ! (財務省チラシ)[PDFファイル/236KB]

 こんなうまい話にご用心(金融庁・警察庁・消費者庁チラシ) [PDFファイル/566KB]

 

 

 

 

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る