ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 税務課 > 還付加算金の未払いについて

還付加算金の未払いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月13日更新

還付加算金の未払いについて

経 緯

 他自治体における還付加算金の算定誤りの報道等を受けて、本市の事務処理手続きを確認したところ、市県民税、国民健康保険税の還付加算金について、日数計算の始期を誤って解釈していたことから、一部が未払いとなっていることが判明いたしました。
 対象となる方々には大変ご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。

原 因

 還付加算金の算定に係る日数計算の始期については、地方税法等の規定により、主に「更正の通知がされた日の翌日から起算して1月を経過する日の翌日」とすべきものと、「納付のあった日の翌日」とすべきものの二つに区分されているところでありますが、本市においては、その解釈を誤り、「納付のあった日の翌日」で事務処理すべきものを「更正の通知がされた日の翌日から起算して1月を経過する日の翌日」で事務処理をしていました。

対象件数等

対象年度  平成20年度以降

対象件数  160件

金  額  485,100円

今後の対応について

 再計算により判明した還付加算金については、地方税法の規定に基づき支払い手続きを行い、該当する方には、12月下旬以降に郵送にてご連絡をさせていただく予定です。
 今後は、このような誤りがおきないよう、適正な事務処理を周知徹底し、再発防止に努めてまいります。



  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る