ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織で探す > 税務課 > 国民健康保険税 課税のしくみ

国民健康保険税 課税のしくみ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月25日更新

国民健康保険のしくみ

 国民健康保険とは、安心して医療を受けられるように、加入者(被保険者)が保険税を出し合い、病気やけがをしたときに、医療費の支払いをする相互扶助の制度です。
 日本ではいざというときに安心してお医者さんにかかれるように、すべての人がいずれかの医療保険に加入することになっています。これを国民皆保険制度といいます。                          
                           
  職場の健康保険(協会健保・健康保険組合・共済組合・船員保険など)や後期高齢者医療制度に加入している人と、生活保護を受けている人以外は、すべて国民健康保険に加入することになります。

国民健康保険税の納税義務者

 保険税の納付は世帯単位で行い、納税通知書等は世帯主の方に届けられます。

  以下の世帯A~Cように、たとえ世帯主の方が社会保険や後期高齢者医療の被保険者で、国民健康保険に加入していなくても、同一世帯内に国民健康保険の加入者がいれば世帯主の方が納税義務者となります。
 このような世帯主の方を  擬制世帯主  と言います。

世帯A

夫(世帯主)後期
後期
国保
子の妻国保
国保

世帯B

国保
国保
夫(世帯主)社保
社保
社保

世帯C

夫(世帯主)社保
国保

※国保・・・   国民健康保険    
  社保・・・   社会保険    
   後期・・・   後期高齢者医療制度    

国民健康保険税の税率・税額の計算方法

 国民健康保険税は【医療分】【後期高齢者支援分】【介護分】の3つを合算して算定します。                          
 加入者の年齢に応じて負担分が異なり、40歳以上65歳未満の方(介護保険第2号被保険者)は介護分をあわせてご負担いただきます。

 【医療分】【後期高齢者支援分】【介護分】
0~39歳 
40~64歳
65歳~74歳

 ※65歳以上の方(介護保険第1号被保険者)は介護保険料を別に納付していただきます。                              
                                                 
 ・年度の途中で40歳になったとき・・・ 40歳の誕生日の属する月(1日が誕生日の方はその前月)分から、介護分を 合わせて納めていただきます。                                    
 年度当初の通知書には含まれておりませんので、追加の納税通知があります。                            
(例:8月1日生まれの方⇒7月分から納付、8月2日生まれの方⇒8月分から納付)                          
                                                 
 ・年度の途中で65歳になったとき・・・ 65歳の誕生日の属する前月(1日が誕生日の方はその前々月)分までの介護分  について、年度当初から月割で計算したものを通知しています。                             
                                                 
 ・年度の途中で75歳になったとき・・・75歳の誕生日の属する前月分までの医療分と後期高齢者支援分を納めていただきます。年度当初から月割で計算したものを通知しています。   

 【医療分】【後期高齢者支援分】【介護分】はそれぞれ、前年の所得に応じて算出される所得割(1)、土地・家屋の固定資産税額に応じて算出される 資産割(2)、世帯の加入人数に応じて算出される均等割(3)、一世帯ごとに算出される平等割 (4)の4つから構成されています。 
   

 税額の計算方法は【医療分】【後期高齢者支援分】【介護分】のそれぞれを下表の方法で計算した(1)~(4)の  合計額になります。                                             
  ただし、それぞれの区分ごとに限度額が設けられており、算出した額がそれを超える方についてはそれぞれの限度額となります。 
 平成29年度より限度額が変更になりました。

【医療分】限度額: 540,000円

【後期高齢者支援分】 限度額: 190,000円

【介護分】 限度額: 160,000円

【医療分】【後期高齢者支援分】

【介護分】

(1)所得割課税標準所得 × 7.2%課税標準所得 × 2.0%課税標準所得   × 2.2%
(課税標準所得 = 前年の総所得金額 - 基礎控除額33万円)
(2)資産割固定資産税額 × 23.0%固定資産税額 × 4.8%固定資産税額   × 7.0%
(固定資産税額:土地・家屋にかかる固定資産税額、都市計画税は除く)
(3)均等割被保険者1人あたり 27,000円被保険者1人あたり  8,000円被保険者1人あたり  9,000円
(4)平等割   1世帯あたり   25,000円   1世帯あたり   5,000円   1世帯あたり   7,000円

計算例

   ケース1                                             
   自営業者の66歳夫(世帯主)・63歳妻・33歳子 の3人家族全員が国民健康保険に加入し、                         
   世帯内で夫と子の営業収入と、妻の給与収入がある場合の国民健康保険税の計算例                         
    ※年齢から、夫・子は【医療分】【後期高齢者支援分】が、                                   
                 妻は【医療分】【後期高齢者支援分】【介護分】 が課税の対象になります。

所得(夫)2,000,000円(営業)課税標準所得 2,000,000 - 330,000 =1,670,000
所得(妻)380,000円(給与収入1,030,000円)課税標準所得    380,000 - 330,000 =    50,000
所得(子)500,000円(営業)課税標準所得    500,000 - 330,000 =  170,000
 課税標準所得(合計)1,890,000

  固定資産税(夫) 85,000円

 
 【医療分】【後期高齢者支援分】【介護分】
(1)所得割1,890,000 × 7.2%1,890,000 × 2.0%50,000 × 2.2%
= 136,080= 37,800= 1,100
(2)資産割85,000 × 23.0%85,000 × 4.8%0 × 7.0%
= 19,550= 4,080=  0
(3)均等割3人 × 27,0003人 × 8,0001人 × 9,000
= 81,000= 24,000= 9,000
(4)平等割1世帯 × 25,0001世帯 × 5,0001世帯 × 7,000
= 25,000= 5,000= 7,000
136,080+19,550+81,000+25,00037,800+4,080+24,000+5,0001,100+0+9,000+7,000
 =261,630 =70,880 =17,100
※下2桁を切り捨て※下2桁を切り捨て※下2桁を切り捨て
【医療分】 : 261,600 円【後期高齢者支援分】 : 70,800 円【介護分】 : 17,100 円

年税額 349,500 円

国民健康保険税の納付方法

 1年間の保険税はその年の4月から翌年3月までの12か月分です。毎年7月中旬に納税通知書を送付しています。                                                年度の途中で国民健康保険に加入または離脱された方についてはその都度月割で税額を再計算し、通知書を送付します。                    
                                                 
                                                 
 ・納期                                               
 普通徴収(納付書納付または口座振替)の方の納期は通常年間6回に分かれており、下表のとおりです。  納期限は各月の月末となっています(ただし第5期については12月27日が納期限となります)。                               
 なお、月末が土・日・祝日の場合はその翌日が納期限となります。

納期第1期第2期第3期第4期第5期第6期
7月9月10月11月12月1月

・納付方法                                              
 〈普通徴収〉・・・市から送付される納付書で納付する方法と、口座振替によって納付する方法があります。                             
納付忘れの無いよう、安全で確実便利な口座振替をお勧めします。                          
                                                 
 〈特別徴収(年金天引き)〉・・・平成20年10月から特別徴収(年金天引き)を実施しています。                               
以下の条件にあてはまる方は原則として、世帯主の方の年金から天引きとなります。                            
(1)世帯主が国民健康保険に加入しており、世帯内の国民健康保険加入者(世帯主及び世帯員)全員が65歳以上75歳未満の世帯 (ただし年度の途中で65歳または75歳になられる方がいる場合は除く)                              
(2)世帯主の方が年額18万円以上の年金(老齢・退職年金、障害年金または遺族年金)を受給している                                        
(3)介護保険料を特別徴収の方法で納付しており、国民健康保険税と介護保険料の合算額が年金受給額の1/2を超えない                                   
                                                 
  ※特別徴収(年金天引き)対象者の方で、口座振替による納付を希望される方は、特別徴収から口座振替に切り替えることができます。ただし、納付書による納付に変更することはできません。                                
  ※特別徴収から口座振替への切り替えは 申請が必要 です。税務課窓口で「納付方法変更申出書」と「口座振替依頼書」を提出  してください。ただし、以前に国民健康保険税の口座振替の手続きをされている方は「口座振替依頼書」の提出は必要ありません。                        
  ※これまでの納付状況等から口座振替への変更が認められない場合があります。

申出時期と口座振替の開始時期について

申出時期4・5月6・7月8・9月10・11月12・1月2・3月
特別徴収中止8月10月12月2月4月6月
口座振替開始1期(7月)2期(9月)4期(11月)6期(1月)1期(7月)1期(7月)

国民健康保険税の軽減

・法定軽減                                              
  世帯主(擬制世帯主を含む)及び同世帯に属する被保険者の前年中の総所得金額の合計が下表の基準額以下の世帯について、「医療分」「後期高齢者支援分」「介護分」の 均等割 と 平等割 について軽減されます。

   ※ 平成29年4月1日より軽減判定所得の5割軽減と2割軽減が変更になりました。

軽減判定所得                 (単位:万円)

加入人数7割5割2割
1人336082
2人87131
3人114180
4人141229
5人168278

・後期高齢者医療制度への移行に伴う軽減措置                                        
(1)国民健康保険の被保険者が75歳到達により後期高齢者医療制度に移行することに伴い、次の世帯に該当する場合、軽減措置が受けられます。                                     
 ○ 国民健康保険税の7割・5割・2割軽減を受けている世帯は、世帯構成や夫婦の収入が変わらなければ、5年間引き 続きこれまでと同じく軽減されます。                                   
 ○ 75歳到達により後期高齢者医療制度に移行することにより、世帯内で国民健康保険に加入している方が一人になる世帯については、国民健康保険税の「医療分」と「後期高齢者支援分」の平等割額が5年間半額になります。 平成25年度からは、5年経過後、3年間「医療分」と「後期高齢者支援分」の平等割額が4分の1軽減になります。                           

(2)社会保険の被扶養者であった方に対する軽減措置                                      
 ○ 社会保険の加入者本人が後期高齢者医療制度へ移行することに伴い、その方の被扶養者(65~74歳)が国民健康保険に加入しなければならなくなった場合、「医療分」と「後期高齢者支援分」の所得割額・資産割額が免除され、均等割額が半額になります。                                   
 ○  さらに国民健康保険の加入者が、それまで社会保険の被扶養者であった方のみの世帯の場合、平等割額も半額になります。                         

・介護保険適用除外施設に入居中の方について                                       
  介護保険適用除外施設に入所・入院されている介護保険第2号被保険者の方は保険税の介護分を納付する必要がありません。
 介護保険適用除外施設に入所または退所された場合、14日以内に税務課(電話63-6305)まで届け出てください。
    届出書は適用除外異動届 [Excelファイル/16KB]からダウンロードできます。                              

・非自発的な理由により失業した方に対する軽減措置                                       
  平成22年度から会社の倒産・解雇や雇い止めなどの非自発的な理由により失業(離職)した方のうち、次の条件に該当する方は前年の給与所得を100分の30に相当する額で国民健康保険税を算定します。                              
  ○ 離職時の年齢が65歳未満の方                                         
  ○ ハローワークで発行される【雇用保険受給資格者証】をお持ちで、離職理由欄に記載の番号が11,12,21,22,23,31,32,33,34 のいずれかである方                                    
  ○ 【雇用保険受給資格者証】の離職日が平成21年3月31日以降の方                                    
    ※軽減期間は離職日の翌日の属する月から、その月の属する年度の翌年度末までです。 ただし、再就職して会社の健康保険に加入する場合など、国民健康保険を脱退すると終了します。                              
   ※離職日の翌日の属する月が平成21年4月から平成22年3月までの方は、平成22年度に限り国民健保険税が軽減されます。平成21年度の国民健康保険税については軽減の対象になりません。                                    
   ※この軽減を受けるためには申告書の提出が必要です。                                      
   【雇用保険受給資格者証】と【世帯主の方の印鑑】を持ってくるのうえ税務課の窓口までお越しください。

計算例

 ケース2                                             
   42歳夫(世帯主)・38歳妻・12歳子・9歳子 の4人家族において、夫が軽減措置に該当する理由により離職し、社会保険の被扶養者だった妻・子ともに家族全員が国民健康保険に加入することになった場合の計算例。                          
    ※年齢から、夫は【医療分】【後期高齢者支援分】【介護分】 が、                                  
            妻・子は【医療分】【後期高齢者支援分】が課税の対象になります。 

所得(夫) 1,920,000円(給与収入3,000,000円)→1,920,000×0.3=576,000

固定資産税(夫) 50,000円

給与所得を100分の30として計算します

 ※加入人数が4人で、所得が57.6万円のため、5割軽減が適用されます。

課税標準所得 576,000-330,000=246,000

 【医療分】【後期高齢者支援分】【介護分】
(1)所得割246,000 × 7.2% 246,000 × 2.0% 246,000 × 2.2% 
= 17,712= 4,920= 5,412
(2)資産割50,000 × 23.0%50,000 × 4.8%50,000 × 7.0%
= 11,500= 2,400= 3,500
(3)均等割4人 × 27,0004人 × 8,0001人 × 9,000
= 108,000= 32,000= 9,000
5割軽減 108,000 × 0.55割軽減 32,000 × 0.55割軽減 9,000 × 0.5
      = 54,000     = 16,000     = 4,500
108,000 - 54,000 = 54,00032,000 - 16,000 =16,0009,000 - 4,500 = 4,500
(4)平等割1世帯 × 25,0001世帯 × 5,0001世帯 × 7,000
= 25,000= 5,000= 7,000
5割軽減 25,000 × 0.55割軽減 5,000 × 0.55割軽減 7,000 × 0.5
      = 12,500     = 2,500     = 3,500
25,000 - 12,500 = 12,5005,000 - 2,500 =2,5007,000 - 3,500 = 3,500
17,712+11,500+54,000+12,5004,920+2,400+16,000+2,5005,412+3,500+4,500+3,500
 =95,712 =25,820 =16,912
※下2桁を切り捨て※下2桁を切り捨て※下2桁を切り捨て
【医療分】 : 95,700 円【後期高齢者支援分】 : 25,800 円【介護分】 : 16,900 円

年税額  138,400 円



  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る