ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新嘗祭献穀田播種式を執り行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年5月16日更新

善通寺市の水田が21年ぶりに選ばれました

 11月23日の新嘗祭(にいなめさい)で、宮中に奉納する米の播種(はしゅ)式が執り行われました。

献穀者に選ばれた白玖俊一さん(与北町)の献穀田で、関係者が秋の豊作を祈りながらもみ種をまきました。

播種式

播種式

播種式

6月4日には「田植式」、9月17日には「抜穂式」を行い、宮中に精米1.8リットルを献納する予定です。

 



  • 前のページに戻る
  • このページの先頭へ