ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 今日のぜんつうじ > 今日のぜんつうじ(善通寺市での出来事) > 2021年度 > 100年に一度咲く花といわれる「リュウゼツラン」

本文

100年に一度咲く花といわれる「リュウゼツラン」

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月29日更新

世紀の植物(リュウゼツラン)開花までもうすぐです!!

原田町竜川地区にある前池周辺に大きく伸びた植物が出現しています。

この植物は、メキシコを中心に中~南アメリカ原産の植物で、リュウゼツラン(アガベ)と呼ばれ、数十年という長い年月をかけて開花する珍しさから、英語名では(センチュリープラント)とも呼ばれています。

5月下旬頃から、太い茎部分が伸び始め、開花する準備に入っています。

リュウゼツラン リュウゼツラン

ーご注意ー

前池周辺は駐車場はありません。公共交通手段や自転車などでお越しください。

市民バス空海号での最寄り駅は「未来クルパーク21前」になります。

 



  • 前のページに戻る
  • このページの先頭へ