ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 政策課 > マイナンバーカードで5000円分のマイナポイントがもらえる(マイナポイントを活用した消費活性化策)

マイナンバーカードで5000円分のマイナポイントがもらえる(マイナポイントを活用した消費活性化策)


本文

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月3日更新

  消費税の引き上げに伴う消費活性化策として、「マイナポイントを活用した消費活性化策(マイナポイント事業)が令和2年9月から令和3年3月末まで実施されます。

 

マイナポイントとは?

 マイナンバーカードを取得し、マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)した方を対象に、選択したキャッシュレス決済サービスで買い物に使えるポイント(マイナポイント)を国が付与する制度です。

 キャッシュレス決済でのチャージまたは買い物によって、マイナポイント25%(1人あたり上限5000円)が付与されます。

マイナポイントを利用するには?

マイナポイントを利用するには、(1)マイナンバーカードの取得、(2)マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)、(3)マイナポイントの申込み(令和2年7月から)が必要となります。以下、マイナポイントの利用に必要な手続きをご案内します。なお、マイナポイントの利用は令和2年9月からの予定です。

(1)マイナンバーカードの取得

 マイナンバーカードをお持ちでない方は、下記のリンクから申請・取得の方法をご確認ください。なお、マイナポイントの実施時期が近づくと、マイナンバーカードの交付申請が混み合い、申請から交付まで通常(約1か月)よりも時間を要することが見込まれます。お早めの申請をお願いします。

 〇マイナンバーカード申請の流れとよくある質問

 

(2)マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)

 スマホサイトまたはPCから専用サイトにアクセスして、マイナンバーカードを読み取り、マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)を行います。予約により、専用ID「マイキーID」が設定されます。(既にマイキーIDを設定している方は、マイナポイントの予約済みです。)

 なお、マイナポイントの予約が国の予算の上限に達した場合、マイナポイントの予約を締め切る可能性があります。お早めの予約をお勧めします。

マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)をご自分で行う場合

 お持ちのスマートフォンやパソコンを使って、ご自分でマイキーIDを設定する場合は、次の設定方法をご覧ください。

 〇マイキーIDの設定方法(iPhone版) [PDFファイル/702KB]

 〇マイキーIDの設定方法(Android版) [PDFファイル/674KB]

 〇マイキーIDの設定方法(パソコン版) [PDFファイル/654KB]

※マイキーID設定には、マイナンバーカードに対応したスマートフォン、パソコンでの設定には、マイナンバーカードに対応したICカードリーダーライターが必要となります。次のポータルサイトでご確認ください。

 〇公的個人認証サービスポータルサイト(地方公共団体情報システム機構)

 

マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)が難しい場合

 市では、マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)を支援する窓口を設置しています。詳しくは、下記『マイナポイントの予約支援について』をご覧ください。

 

(3)マイナポイントの申込み(令和2年7月から開始予定)

 マイナポイントを利用するキャッシュレス決済サービスを1つ選び、マイナポイントの申込みを行います。

 マイナポイントの申込みができるキャッシュレス決済サービスは、現在、国において募集を行っております。現在の登録状況は次のとおりです。

  〇登録キャッシュレス決済サービス

マイナポイントの予約支援(マイキーIDの設定支援)について

 マイナポイントを活用した消費活性化策の実施に伴い、市ではマイナポイントの予約を支援する窓口を設置しております。お気軽にご利用ください。

 また、「マイナポイントの申込み」が始まりましたら、こちらの支援も行っていく予定です。

(1)マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)支援窓口

  場 所 : 市役所1階(市民課内)
  時 間 : 平日 午前8時30分から午後5時15分まで

(2)マイナポイントの予約に必要なもの

 〇マイナンバーカード

 〇利用者証明用電子証明書の暗証番号 ※マイナンバーカード取得時に設定した4桁の暗証番号

 

 関連情報

  ・マイナポイントを活用した消費活性化策(マイナポイントに関する総務省HP)

  ・マイキープラットフォーム(総務省HP)

  ・マイナンバーカード総合サイト(地方公共団体情報システム機構HP)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • 前のページに戻る
  • このページの先頭へ