ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 政策課 > パブリックコメント 実施結果・固定資産税前納報奨金の段階的見直し(善通寺市税条例の一部改正)

パブリックコメント 実施結果・固定資産税前納報奨金の段階的見直し(善通寺市税条例の一部改正)


本文

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月4日更新
>

固定資産税前納報奨金の段階的見直し(善通寺市税条例の一部改正)について

担当部署:総務部税務課
募集期間【平成18年10月16日 ~ 平成18年11月06日】
募 集 の 趣 旨
 善通寺市では、平成7年度に「善通寺市行政改革大綱(小さな市役所を目指して)」を策定し、行財政改革を推進してきました。そして更に効率的に改革を進めるべく「新善通寺市行政改革大綱」を策定し、平成17年度には集中改革プラン(S-PCOI)を策定しました。「固定資産税前納報奨金の段階的削減」はその中の財政改革プランの一つであります。
 三位一体の改革に伴う地方交付税の削減など、地方公共団体の財政状況はますます厳しさを増すことが予想され、限られた財源の有効活用を図らなければなりません。そこで本市の固定資産税の収納への影響、収納額の変化の財政に及ぼす影響について費用対効果等を含め調査研究した結果、別表の段階的削減を検討しております。
 現状の上限額5万円・交付率0.3%を、平成19年度から上限額を2万円に、交付率を平成20年度から0.2%、平成21年度から0.1%に引下げることによりまして、それぞれ19年度:約96万円、20年度:約492万円、21年度:909万円の経費削減が見込めます。
 なお、現在8,325人の対象者の内、8139人(約97.8%)の方の報奨金額は1万円以下となっております。
意見を募集した案・その他参考資料

固定資産税前納報奨金の段階的見直し(善通寺市税条例の一部改正)についてについて意見の提出はありませんでした。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • 前のページに戻る
  • このページの先頭へ