ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 政策課 > パブリックコメント 実施結果・まちづくり交付金の事後評価

パブリックコメント 実施結果・まちづくり交付金の事後評価


本文

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月4日更新
 

まちづくり交付金の事後評価について

担当部署:
募集期間【平成21年11月02日 ~ 平成21年11月18日】
募 集 の 趣 旨
 善通寺市では、平成17年度から「善通寺市中心市街地地区」において、まちづくり交付金を活用し、旧善通寺偕行社別棟・周辺整備、総本山善通寺南大門前道路・広場整備、観光交流センターの整備等に取り組んできました。事業期間は平成17年度~平成21年度までの5ヵ年で、今年度が最終年度となります。
 まちづくり交付金は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実現し、都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための制度です。市町村が作成した都市再生整備計画に基づいて実施される事業に対して交付金を交付する制度であり、事業実施前の計画段階で目標となる数値指標を設定し、事業最終年度に事後評価を行い、達成状況等を確認します。
 このたび、事後評価の原案を作成いたしましたので、市民の皆さまに事後評価原案をご覧いただき、ご意見をお寄せいただいて、今後のまちづくりの参考とさせていただきたいと考えております。
 なお、この事後評価原案は今後「まちづくり交付金評価委員会」での審議を経て、最終評価結果として、平成22年3月に公表する予定です。また、評価結果の公表後については、平成24年6月までフォローアップを行い、数値目標の推移について整理してまいります。
意見を募集した案・その他参考資料

まちづくり交付金の事後評価についてについてご意見をいただきありがとうございました。

 いただいたご意見とご意見に対する市の考え方は以下のとおりです。
なお、ご意見については、類似したものは整理し、また、趣旨を変えない範囲で要約したり、文言を調整している場合があります。

この案件に寄せられたご意見の数・・・1件 / 1人 0団体

提出方法の内訳
(郵送:0件/ファクス:0件/電子メール:0件/提出フォーム:0件/
地区公民館へ提出:1件/担当部署へ提出:0件)

ご意見の内容ご意見に対する市の考え方

1件 / 1人 : 0団体

まちづくり交付金事業の事後評価について、せんえつながら、意見を述べさせて頂きます。
市長様の前向き志向で年々変り行くこの市を、八十路坂を登る身には、生きていて良かったとつくづく感無量です。特に第11師団の名残り偕行社の修復、別棟には、他市には見られない貴重な先人の遺産として、素晴らしいと思います。私もたまには、友人と行きますが、春はつつじ、秋の紅葉、年明ければ、白梅紅梅と素晴らしい眺めに最高の気分を味わしてもらっています。
利用者が少ないかと思っていましたが、私の行った時は何時も沢山の利用者があるのに驚きました。随分、行き届いていると思いますが、尚、他市へのアピールも価値あるものと確信します。
まちづくり交付金事業によって整備した各施設のPRは非常に重要であると考えております。事後評価においても、イベントやキャンペーンの実施、その他情報発信に取り組んでいくことを今後のまちづくりの方策として位置づけており、市内の方だけでなく、より多くの方に利用していただけるよう努力してまいります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • 前のページに戻る
  • このページの先頭へ