ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
学校・幼稚園・保育所

本文

特別定額給付金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月7日更新

特別定額給付金について

 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」に基づき、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金を給付します。

申請書の書き方

給付対象者新規ウィンドウで開きます。

 基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記載されている者

給付額

 給付対象者1人につき10万円

受給権者

 住民基本台帳に記録されている者の属する世帯の世帯主

申請方法

(1)郵送申請

 本市から受給権者あてに申請書等を発送します。申請書に振込先口座等の必要事項を記入し、本人確認書類と振込先口座の確認書類の写しを一緒に返送してください。

 ・申請書発送日:令和2年5月中旬から順次発送

 ・受付開始日 :令和2年5月25日(月曜日)

 ・振込開始日 :令和2年5月29日(金曜日)から順次振込

※申請書が届かない方は特別定額給付金の申請書が届かない方へをご覧ください。

(2)オンライン申請(マイナンバーカードが必要となります。)

 マイナポータルから振込口座等の必要事項を入力し、振込先口座の確認書類をアップロードのうえ申請してください。電子署名による本人確認を行いますので、本人確認書類は不要です。

 ・受付開始日:令和2年5月2日(土曜日)

 ・振込開始日:令和2年5月中旬から順次振込

 ・オンラインによる申請方法については次の総務省のサイトで詳しく説明されています。
  https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/apply/online.html (外部サイトへ移動します)

申請期限

 令和2年8月25日(火曜日)

配偶者などからの暴力を理由に避難している方の申出の手続き

 配偶者などからの暴力を理由に避難している方で、事情により基準日(令和2年4月27日)までに、現在お住まいの市区町村へ住民票を移すことができない方は、一定の要件を満たしている場合、世帯主でなくても、同伴者の分を含めて、現在お住まいの市区町村に特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。

 そのためには、申出期間中(令和2年4月24日~4月30日)に、お住まいの市区町村へ申出書と確認書類を提出していただく必要があります。なお、申出期間を過ぎても申出書を提出することはできます。

 配偶者などからの暴力を理由に避難している方の申出の手続き(パンフレット) [PDFファイル/551KB]

給付金を装った詐欺にご注意ください

 市役所や総務省などが、現金自動預払機(ATM)の操作をお願いしたり、給付のために手数料の振込みを求めたりすることは、絶対にありません。
 不審な電話やメール等があった場合は、警察や市役所に相談するなどして、被害にあわないように注意してください。

 それ、給付金を装った詐欺かもしれません!(パンフレット) [PDFファイル/132KB]

問合せ先

 特別定額給付金担当 (新型コロナウイルス対策総合窓口)
 電話:0877-63-6361 (土曜日、日曜日、祝日を除く平日 午前8時30分~午後5時15分)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • 前のページに戻る
  • このページの先頭へ