ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 消防本部 > 違反対象物公表制度について

違反対象物公表制度について


本文

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月20日更新

違反対象物に対する公表制度がはじまりました。

あ

 

1.違反対象物の公表制度とは

建物(防火対象物)を利用しようとする方が、その建物の危険性に関する情報を入手し、建物における安全利用の判断ができるよう、消防本部が把握した重大な消防法令違反の建物を公表する制度です。

公表制度パンフレット(全国版) [PDFファイル/459KB]

2.公表の対象となる建物

飲食店、百貨店、宿泊施設などの不特定多数の方が利用する建物や病院、社会福祉施設などの避難が困難な方が利用する建物です。

3.公表の対象となる違反

消防法令により設置が義務付けられている屋内消火栓設備、スプリンクラー設備または自動火災報知設備のいずれかが設置されていない建物及び本来の機能が喪失している建物です。

4.公表する内容

1.建物の名称
2.建物の所在地
3.違反の内容

5.公表を行っている建物

公表対象物一覧表 [PDFファイル/213KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


  • 前のページに戻る
  • このページの先頭へ