ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 生涯学習課 > 善通寺市デジタルミュージアム 大麻山

善通寺市デジタルミュージアム 大麻山


本文

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月4日更新

大麻山

 大麻山(おおさやま)は善通寺市の南部から高瀬町の北東部に位置し、標高は616.3m。琴平町の象頭山(ぞうずざん)へと続いています。山の名は、この周辺が古代に麻の生産地であったことに由来しています。独立峰では香川県下一の高さを誇り、頂上付近にはテレビ局の中継塔などが建てられています。全域が瀬戸内海国立公園の一部に指定され、国蝶のオオムラサキが生息したり国の天然記念物の指定を受けた地域もあり、素晴らしい眺めと豊かな自然を楽しめます。また、山麓は古代から信仰の対象となった山であり、山麓には、古墳が点在し土器や銅剣、銅鐸、飾玉、経筒などが数多く出土しています。
 自然と史跡に恵まれた大麻山はハイキングにも絶好の山で、約13kmのチェリーラインと、約8kmのグリーンラインのコースがあります。大麻山から眺める善通寺市街、讃岐平野と瀬戸内海、そして四国の山並みに三豊平野、燧灘(ひうちなだ)を望む展望は、絶景といえる素晴らしいものです。4月下旬から5月上旬にかけて、山頂には約800本のボタンザクラが咲きます。
  満開の桜で得した気分になります

牡丹桜(三豊市側) 白の牡丹桜全体

 所在地

善通寺町~大麻町
JR善通寺駅から車で約30分。
登山口から山頂まで歩いて約3時間。

大麻山地図



  • 前のページに戻る
  • このページの先頭へ