ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 生涯学習課 > 善通寺市デジタルミュージアム 大麻神社

善通寺市デジタルミュージアム 大麻神社


本文

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月4日更新

大麻神社

善通寺市デジタルミュージアム

大麻神社写真

大麻・琴平・十郷線が琴平町に入る手前、JR土讃線の線路を渡り西に入ったところに大麻神社があります。
 この神社は、今から1900年あまり前の景行天皇の時代、忌部(いんべ)氏が付近を開拓して麻を植え、祖先神の天太玉命(あまのふとだまのみこと)を祀ったのが始まりだと伝えられています。延喜式(えんぎしき)にも名を残す古い神社で、戦国時代に兵火で社殿を焼失しましたが、寛文元年(1661年)、丸亀藩の京極高和が再建しました。以来、京極家に崇敬されてきました。
 主神の天太玉命座像と、彦火瓊々杵命(ひこほのににぎのみこと)座像は、国の重要文化財に指定されています。天太玉命座像は檜材の一木造りで肩をいからせ怒った表情をしていて、彦火瓊々杵命座像は楠材の一木造りで穏やかな顔をしています。作者は異なると思われますが、ともに平安後期の作です。
 また、約7,800平方メートルの広大な社叢はシリブカガシを主体に蔓性植物やシダ植物が加わったもので、県の自然記念物になっています。本殿の左右には「夕水(からみず)」「朝水(あまみず)」という、朝と夕に湧き出たり枯れたりする泉があります。供物を清めるために使われていましたが、現在は残念ながら枯れてしまいました。

彦火瓊々杵命座像写真天太玉命座像写真
彦火瓊々杵命座像天太玉命座像

所在地

大麻町239
JR善通寺駅から車で約15分。
JR琴平駅から歩いて約15分。
大麻山東側山麓。

大麻神社地図



  • 前のページに戻る
  • このページの先頭へ