ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 生涯学習課 > 善通寺市デジタルミュージアム 王墓山古墳出土品

善通寺市デジタルミュージアム 王墓山古墳出土品


本文

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月4日更新

王墓山古墳出土品

善通寺市デジタルミュージアム

王墓山古墳出土品写真

 昭和58~59年に発掘された王墓山古墳の石室内から出土した遺物です。金銅製冠帽(ぼうし)、銀象嵌入鉄刀(銀の模様が入った刀)をはじめ、たくさんの馬具(馬飾り)、武具、玉類、土器類などが、ほぼ埋葬された当時の状態で出土しました。金銅製冠帽は冠と帽子の両方の性格を持ったもので、儀礼などに用いられていました。冠帽の周囲は5本の立飾りと無数の歩揺で装飾されていて、全体に渡金されています。国内では出土例がなく、朝鮮半島からの渡来品と考えられています。金銅製冠帽と銀象嵌入鉄刀は、市指定文化財となっています。

王墓山古墳出土王冠写真王墓山古墳出土王冠レプリカ写真横穴式石室写真
冠帽復元された冠帽横穴式石室

所在地

善通寺町6-1-4(善通寺市立郷土館)
Tel0877-63-6329
善通寺赤門筋

王墓山地図



  • 前のページに戻る
  • このページの先頭へ