ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織で探す > 子ども課 > 善通寺市ゆりかご支援事業

善通寺市ゆりかご支援事業


本文

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月28日更新

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)をうけられたご夫婦に対して、申請により治療費の一部を助成します

助成をうけることができる方  

 次のすべての要件を満たす方

  • 特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、または極めて少ないと医師が診断された者であること。
  • 法律上の夫婦であり、ともに善通寺市に住所があること。(単身赴任等特別な理由がある時はご相談ください。)
  • 都道府県知事または政令指定都市若しくは中核市の市長が指定した医療機関での特定不妊治療であること。
  • 夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満であること。(所得の範囲及び額については、児童手当法施行令第2条、第3 条の規定を準用)→詳しくは所得算定表 [Wordファイル/40KB]を参照ください。
  • 市税を滞納していないこと。

助成額

 この年度内に治療した特定不妊治療に要した費用(文書料・入院費・食事代など治療に直接関係のない費用は含まれません。)に対して、香川県特定不妊治療費助成事業により受け取ることが可能な金額を控除した額で、1回の治療につき10万円まで、1年度当たり20万円まで、通算5年間。(他市町村で助成された通算年数を控除。)

 申請方法

 まず、治療終了日の属する年度中(4月1日から翌年3月31日)に「香川県特定不妊治療費助成事業」の申請をしてください。その後、善通寺市子ども課へ「善通寺市ゆりかご支援事業」の申請をしてください。 

提出書類

  1. 善通寺市ゆりかご支援事業申請書(第1号様式 [Wordファイル/46KB]
  2. 善通寺市ゆりかご支援事業受診等証明書(第2号様式 [Wordファイル/39KB]
  3. 住所及び法律上の婚姻関係にあることが証明できる書類(続柄記載の住民票等)
  4. 夫及び妻の前年(1月~5月申請時は前々年)の所得を証明する書類
  5. 市税を完納していることを証する書類(完納証明書、非課税証明書)
  6. 指定医療機関が発行した特定不妊治療費に要した費用の領収書
  7. 香川県特定不妊治療費助成決定通知書の写し
    ※(7)の提出または申請書添付の同意書により、(3)と(4)を省略できる場合があります。

その他お持ちいただくもの

  • 申請者名義の通帳
  • 印鑑(夫と妻それぞれ必要・スタンプ印不可)

申請期限

  治療終了日の属する年度末(3月31日)までに申請してください。ただし、やむを得ない場合は事前にご連絡ください。

助成方法

  申請書等の内容を審査し、交付決定通知書と請求書を郵送します。同封している返信用封筒で請求書を返送してください。助成金は、請求書に記載された口座に振り込みます。



  • 前のページに戻る
  • このページの先頭へ